jiyubako

    jiyubako

    こんにちは。
    「男の身だしなみ専科 自遊箱」のkoheiです。

    前回の続き「ミリタリー」です。

    実演的なミリタリーはさておき、ファッションとしては、色や柄のパターンが多いので、コーディネートしやすいと思います。


    これはコーディネートしすぎというのか、実戦での機能を追求すれば、このようなギリースーツになるのでしょうが、さすがにこれは局地的に特化したものであって、ファッションとして出掛けようとすれば、目的地に到着するまでに「イエティ発見」の写メの嵐と職質に遭う可能性が高くなりそうです。

    サバゲーを嗜む方やミリタリー好きな方にとっては「目玉焼きにはケチャップ」ぐらい当たり前なものであるギリースーツも、それを知らない人からはビックリアイテムとしか思われないかと。

    ギリースーツは極端ですが、ファッションとしての「ミリタリー」において中心となるのが迷彩柄。
    ただこれも、全身くまなく揃えすぎると、ファッションというよりも制服に近くなってしまい、また、社会情勢的に職質に遭う可能性も否定できない気がします....................

    続きはまた次回に書きたいと思いますので、暫しお待ち下さいませ。
    関連記事
    Posted by

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply