jiyubako

    jiyubako

    こんにちは。
    「男の身だしなみ専科 自遊箱」のkoheiです。

    またまたミリタリーです。

    前回の「全身くまなくミリタリーファッション」はちょっと..........と思われる方がいらっしゃるかとは思いますので、好感度を持たれる着こなしを語りたいなと。

    それは一言で言うと「ワンポイント」です。

    例えばパンツだけ迷彩柄にして、トップスは白のシャツでシンプルにしたり、トップス、ボトムスともカジュアルやモードにしているところに、迷彩柄の鞄やポーチといった感じです。

    これは私が、2名からアンケートを取った結果行き着いた見解ですので、悪しからず。

    私自身はカーゴパンツを愛用しています。

    カーゴパンツとは、貨物船の乗組員の作業用ズボンとして使われ始め、第二次世界大戦頃から、各国の軍で使われ始めた後、様々な業種の作業服となりカジュアルウェアとなっていったパンツです。
    オーソドックスなものは6つのポケットがある事から「6ポケットパンツ」とも呼ばれます。




    特徴としては、しゃがんだ姿勢でも物の出し入れがしやすいように考えられた結果、ヒザ上の左右にフラップ付きのポケットがありますが、これが便利で便利で。

    出歩く時は両手をオープンにしていたい。
    財布に小銭入れ、携帯、たばこにアイコスにとなると..........
    「鞄持ちなさい」の言葉は聞こえません。
    サイドポケットをプライベートで実用的に使う人は少ないかもしれませんが、大は小を兼ねるという事で、ご納得頂ければ幸いです。
    関連記事
    Posted by

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply